年商7000万円を339億円に成長! 会社を485倍に成長させた大坂靖彦氏の40年の経営戦略

ご予約はこちら
開催日 2016年01月15日(金)
開催時間 セミナー 15:00〜16:30 懇親会 16:30〜18:00
料金 無料
講師 大坂靖彦

 2016年01月15日(金)

【無料セミナー】年商7000万円の家業を339億円企業に育て上げた極意をお伝えするセミナー

                             

 

 

 

■困難を乗り越え、あらゆる業種を成功に導いた大坂靖彦先生の成功法則を公開!

 

 

2016年 1月15日(金)

 

会社を485倍に成長させた40年の経営戦略に学ぶ

大坂靖彦先生による無料セミナーを開催します。

 

 

 

■困難を乗り越え、あらゆる業種を成功に導いた大坂靖彦先生の成功法則を公開!

 

大坂先生は、27歳で実家で営む年商7000万円の電気店に帰り、
経営者として、あらゆる改革を行い、
3年で年商2億、10年で7億、64歳でリタイアするまでの37年間で、
年商339億円の一大企業にまで育て上げた名経営者です。


家業だった電器店を、地域における家電チェーンへと拡大させるとともに、
業種・業態を超えてあらゆる事業で成功を導いてきました。
すべての経営に通じるのは、
独自の「戦略立案力」と「人材育成術」と「弱者の戦略」。

 

社員の心をわし掴みにする「社内改革」や、
「徹底した情報収集・分析・活用」など、
当たり前のことを徹底することこそが成功の秘訣だと大坂先生はいいます。


本セミナーでは、大坂先生が独自で生み出した、
具体的な成功戦略を実例を交えながら、徹底的にお伝えします。 

 

 

 

 

◆ 「大坂靖彦先生が教える、経営の極意、そして成功を遂げる為の考え方とは」

 

大坂先生の考える経営のあるべき姿として、
「当たり前の事を徹底的にやり抜く」というものがあります。

それは、卓上の空論は一切なく、
ご自身が苦労に苦労を重ねた末に生み出した結果です。

 

実家の小さな電気店を継ぎ、一日に何十件も訪問販売を繰り返して、

心身ともにボロボロになりながら、
「どうしたら健全な経営に立て直すことができるだろうか?」
「社員もお客様も幸せな会社を作るにはどうしたら良いだろうか?」と、
いつも自問自答しながら悩み苦しんだそうです。

 

そして導き出した答えが、
「原理・原則に従えば、物事の本質が見えてくる」という結果。

 

どんな仕事にも
「成功と失敗の明確な原因と理由」があることは、誰もがご存知でしょう。
しかし、明確な原因と理由を突き詰めて知ろうと努力する人は、ほとんどいません。
成功か失敗かの結果のみにとらわれて、
何がそうさせたのか、どうしてそうなったのかに考えが至らないのです。

 

大坂先生は、この盲点にいち早く気付き、自身に降り掛かる難問に対して、
その原因を徹底的に突き詰め、
それを打破できる弱者の戦略を打ち立てていったのです。

 

それは、先生が経営者になってからの話ではありません。
学生時代、当時かなり入学が困難とされていた上智大学へも、
弱者の戦略を術に見事合格。
そこから、自身の描く夢への追求心と冒険心に拍車をかけ、
右も左もわからないドイツへ単身渡ったのです。

お金もなければ、知り合いもいない。
ガイドブックだけが便りの心細い旅でした。
ヒッチハイクでその日行ける所まで進んでは、
時には野宿もし、空腹と疲労で倒れそうな日々。
「なぜこんな旅をしているのだろうか?」と
挫折しそうになったことなど何百回とあったそうです。
それでも、自分の目指すべき道を見失うことなく、
まっすぐと「失敗の明確な原因と理由」を追求し、
突き進んできた大坂先生は、その経験から現在に至るまで、
『どんな困難でも、絶対に乗り越えることができる』を胸に、
多くの困難に立ち向かってきました。

 

「試練を経るたびにステージを上げ、
それまでとは違う次元でビジネスを展開するようになれる」
先生はこのように私たちに教えてくださいます。

 

街の小さな電気屋さんが、大坂先生が経営を行うようになってから、
地域No.1となり、さらには四国の有名店にまで名を馳せ、
マツヤデンキのFCデトップの座に躍り出ました。
そして、FC脱退後、さらに事業を発展させることに成功した大坂先生は、
ケーズデンキの常務取締役に就任、会社の成長に大きく貢献しました。
実家の電気屋を継いでから、経営をリタイアするまでに、
なんと年商を485倍にした経歴を持ちます。

 

その背景には、先程お話した
「当たり前の事を徹底的にやり抜く」という姿勢にプラスして、
考えに考え抜かれた人生設計がありました。

 

 

 

 

◆ 「現在から未来を見るのではなく、未来から現在を見るライフプラン」

 

大坂先生は、人生の最終ゴール、
つまりご自身が亡くなるその日を定めておられます。
人生が完了するその日までに、

「何を実現したいか」

「その為にはどんなステップを踏んでいかねばならないのか」を、
具体的なプランとして立てているのです。
これを、大坂先生は”ビッグプラン”と呼んでいます。

 

自分の夢や目標を達成するためには、
社会的要素、経済的要素、内的要素から見て、
3年後、5年後、10年後、20年後、
そして死ぬ日までの人生を明確に計画する必要があるといいます。

 

そうして先々のプランを明確に定めることで、
今やるべきことが明確になり、
定めたその”ビッグプラン”は、その人の力強い羅針盤となって
成功への道筋を示してくれる。
そのように大坂先生は多くの経営者に教えているのです。

 

そして、経営は一生「改善と改革」の繰り返しだとも伝えています。
先生が大切にされている言葉で、”蛻変(ぜいへん)”という言葉があります。

 

蛻変(ぜいへん)とは、蝉が幼虫から成虫になるとき、
脱皮しながら生体を変化させることをいうそうです。
これを先生は経営に置き換えて、企業も、社員も、自分自身も、
変化する社会環境に合わせて変化していく必要があるとおっしゃいます。

 

経営を成功させるためには、個人の人生設計から始まり、
会社を蛻変(ぜいへん)させていく経営者の覚悟が第一であることを、
大坂先生はご自身の人生を題材に、熱心に私たちへ伝えてくださいます。

 

 

 

 
 講 師 紹 介

 

 

大坂 靖彦 氏

1944年に静岡県浜松市生まれ。上智大学を卒業後、松下電器産業株式会社に入社。
そして、1972年に両親が香川県で経営する有限会社大坂屋入社。
その後、事業拡大を目指して1983年に株式会社マツヤデンキと業務提携。
1988年には株式会社大坂屋の代表取締役就任。
さらに1995年にはケーズデンキと業務提携し、酒・電器複合店を開店。
また、オリジナルドイツワイン輸入を開始し、事業のさらなる拡大を図る。
そして1999年に遂に年商100億円を達成。
2005年、ギガスケーズデンキ株式会社と株式交換契約を締結し、同社の取締役に就任(兼務)。2006年には株式会社ギガスケーズデンキ常務取締役に就任。
その後、2009年にケーズグループ全役員を退任し、事業活動の一線から身を引き、
若手経営者の育成を目的に2010年から大坂塾を主宰。大坂塾塾生は累計358社にのぼる。

 

 

 

2015/9/16 著書:『幸せを偶然につかむ』を出版

http://goo.gl/VGmlo6

 

 51PIm4fFusL._SX339_BO1204203200_

 

 

 

==============================

アライブ株式会社主催〉

 

元ケーズデンキ常務取締役が語る、
本物の経営学が学べる経営戦略セミナー「自己開放への道」
~会社を485倍に成長させた大坂靖彦氏の40年の経営論~

 

講師:大坂靖彦氏(元ケーズデンキ常務取締役)

日時:2016年01月15日(金)
   15時00分〜16時30  懇親会16時30~18時00

時間:15時00分 開始 6時30 頃終了予定
   (開始時間10分前頃ご来場ください)

 

料金:参加費 無料 ” 
   ※懇親会への参加希望の方は3000円徴収致します。

 

場所:アライブ株式会社セミナールーム
   名古屋市中区錦1-15-8 アミティエ錦第一ビル4F

 

h3_reserve

※は入力必須項目です

Leave this empty:

ご希望のセミナー名※ 年商7000万円を339億円に成長! 会社を485倍に成長させた大坂靖彦氏の40年の経営戦略
会社名・団体名
お名前※
Tel※

メールアドレス※

備考

\E₢킹

R[LOXy[X1̌

[jOJtF\

^Xy[X\

Z~i[Q\

Z~i[`\

Category

Recent News