Blog

2016/03/06

「幸せ」とは

こんにちは、美南海です。

 

ここ数日、暖かい日が続いていますね♪

春が着実に近づいてきている感じがします。

寒がりのわたしとしてはうれしい限りです 笑

しばらくは暖かい日が続きそうですが、週末にかけてまた気温がぐっと下がるようで、天気も安定しないみたいです…。

みなさん体調には十分お気をつけ下さいm(__)m

 

 

では本題へ…

 

 

 

今回は「幸せ」をテーマに書きたいと思います。

みなさんは「幸せ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

結婚などの大きな幸せから日常で感じる小さな幸せまで、様々だと思います。

わたし自身、去年は幸せについて特に考えさせられることが多くありました。

 

一昨日の金曜日、日本アカデミー賞の授賞式がTVで放送されていました。ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

去年は戦後70年という節目の年だったこともあり、戦争にまつわる映画が2つノミネートされていました。

 

6338d26325328f65fbfa88ce9be27f49

 

main_img

 

わたしはどちらも見ていませんが、涙腺がゆるいわたしは紹介VTRだけでちょっとうるっとしてしまいました…笑

 

わたしが戦争について考えたきっかけは、母方の祖母の存在です。

その祖母は残念ながら母がまだ若い頃に亡くなってしまったのでわたしは会うことが出来ませんでしたが、母方の祖母は長崎の人で、長崎の原爆を経験しています。

戦争を経験していない世代の人からすると、いくら当時の映像や写真を見ても現実味を感じられないところがあると思います。わたし自身もそうです。

でも祖母のことを考えると、原爆が他人事とは思えませんでした。

原爆が投下されても生き延びた祖母。その祖母がいてくれたからこそ母が産まれ、自分も今この世に存在できている。そう思うと今ここに自分がいることが奇跡のように思えて、それだけで幸せだなぁと感じられます。

今でも戦争をしている国はあります。そんな中で戦争のない平和な現代の日本で生きている自分は本当に幸せだと思います。

人間に心があるかぎり戦争をなくすのは難しいかもしれませんが、1人でも多くの人が平和に暮らせる世界になってほしいです。

 

 

 

そしてもうひとつ。

 

3.11

 

みなさんはこの数字が何かおわかりでしょうか。

5年前の2011年3月11日。

東日本大震災が起こった日です。

今年でちょうど5年目を迎えます。

わたしはちょうど1年前に、震災から4年目を迎える東北にボランティアとして行きました。

そこでは震災の爪痕、復興の進んでいない現実、被災者の方々の涙を目の当たりにしました。

ある日突然やってくる災害。

今まで当たり前のようにきていた明日がやってこない。大切なものを容赦なく奪われる。でも自然に罪はない。

この震災のことを思うと、当たり前のように明日がくること、大切な人たちが生きてそばにいてくれることがどれだけ幸せか考えさせられます。

 

東海地方にもいずれ大きな地震がくると言われています。

自然災害から逃れることは不可能です。いつくるかもわかりません。

だからこそ、幸せな今この時を大事に生きていかなければならないと思います。

 

 

 

かなり重たい話になってしまいましたが…

最初にお話ししたように、日常には小さな幸せがたくさんあります☆

わたし自身、おいしいものを食べたり、友達と会ったり話したりするだけで嫌なことが吹っ飛んでしまうくらい平和な人です 笑

何か思い悩んだり苦しい時はそういう小さな幸せをつい見逃しがちですが、ちょっと立ち止まるとまたその幸せに気づくことができると思います。

みなさんも自分なりの幸せを見つけて、毎日を大事に生きてください(^^)

\E₢킹

R[LOXy[X1̌

[jOJtF\

^Xy[X\

Z~i[Q\

Z~i[`\

Category

Recent News