マコンからボージョレへ

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 新作登場,大得価

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 新作登場,大得価 —— 3,200円

マコンからボージョレへ

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 超激得,お買い得

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 超激得,お買い得 —— 3,200円

マコンからボージョレへ

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 全国無料,最新作

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 全国無料,最新作 —— 2,100円

マコンからボージョレへ

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 大人気,新作

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 大人気,新作 —— 2,100円

マコンからボージョレへ

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 新作登場,品質保証

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 新作登場,品質保証 —— 2,100円

マコンからボージョレへ

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 豊富な,本物保証

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 豊富な,本物保証 —— 2,100円

マコンからボージョレへ

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 限定セール,定番人気

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 限定セール,定番人気 —— 2,100円

マコンからボージョレへ

ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 品質保証,人気セール

●インポータさんによると「現地でテイスティングした瞬間に「!!!?」このなめらかな口当たりとナチュラルでフレッシュな果実味はどこかで・・・。これは正にガメイの名手イヴォン・メトラみたいだ!という印象を受けた、驚きの味わいでした。すると、「僕はガメイの事はあまり詳しくないから、分からない時は友達のイヴォン メトラに聞きに行くんだ。」とピエール。納得の一言でした(当然、ワインその物のポテンシャルや深みのある味わいは、メトラに及ぶものではありませんが・・・)。収穫量30hl/haで、年産わずか1,200本。ポリエステルのキューブで発酵させ、8~10日のマセラシオン。1日に数回ルモンタージュ(タンクの下から果汁を抜き出し、上部から流し入れワインを循環させる)を行います。クルーズのワインはどれも、抜栓直後は爽やかですっきりした印象を受けますが、約30分から1時間くらいで旨味とともに粘性が出てきて、少しトロッとしたワインに変わります。口当りがまろやかになってきたら、飲み頃です。あと、冷やし過ぎに注意!」だそうです。 ●マコンにして収量30hl/ha。う~ん低いです。おそらくどこかの試飲会で飲んでいるかも知れないと思いつつ何となく流してきたかものクルーズですが、さすがに「×××みたい」と言われると気になる・・・・上の注意書き、よく読まずに結構ひえひえで試飲のスタートです。・・・・・ひえひえでも結構美味しいぞ~。ちょっと最初はビオ香入りますが、一口飲んで果実味が綺麗です。ま、チャーミングなオイシサ、あるいはキャンディーチックな味わいというのかな?なるほど液温が上がるとこのあたりが増幅されて30hl/ha的なトロトロになってくるんでしょうね。・・・ならばと、レンジでチン!・・・と言うわけにはとりあえず行きませんので、グラスをもう一つ持ってきて移し替え、移し替え、移し替え、と弄くると・・・・ガメイの甘さが綺麗に出て来ます。しかもミネラルもしっかりと残っている。このあたりが安いマコンとの決定的な違いだな・・・。 ●気がつくと久しぶりのマコン・ルージュかな?マコンの赤というと何となく大きな意味でのブルゴーニュで、この価格ですとその端っこで「一応ブルゴーニュ」と言ったジャリタレみたいなモンが多いのですが、さすがにクルーズしっかりとした味わいの物を出してきます。ポジション的にはデイリーな美味しさを追求した同価格帯の日本ワインと張り合うのかな?飲んでいて楽しくなるワインですので蘊蓄はこのくらいにして・・・さて、今日は焼鳥屋!へGo!(2008.02.07 いのまた)

ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 品質保証,人気セール —— 1,400円

マコンからボージョレへ

ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 限定SALE,お得

●インポータさんによると「現地でテイスティングした瞬間に「!!!?」このなめらかな口当たりとナチュラルでフレッシュな果実味はどこかで・・・。これは正にガメイの名手イヴォン・メトラみたいだ!という印象を受けた、驚きの味わいでした。すると、「僕はガメイの事はあまり詳しくないから、分からない時は友達のイヴォン メトラに聞きに行くんだ。」とピエール。納得の一言でした(当然、ワインその物のポテンシャルや深みのある味わいは、メトラに及ぶものではありませんが・・・)。収穫量30hl/haで、年産わずか1,200本。ポリエステルのキューブで発酵させ、8~10日のマセラシオン。1日に数回ルモンタージュ(タンクの下から果汁を抜き出し、上部から流し入れワインを循環させる)を行います。クルーズのワインはどれも、抜栓直後は爽やかですっきりした印象を受けますが、約30分から1時間くらいで旨味とともに粘性が出てきて、少しトロッとしたワインに変わります。口当りがまろやかになってきたら、飲み頃です。あと、冷やし過ぎに注意!」だそうです。 ●マコンにして収量30hl/ha。う~ん低いです。おそらくどこかの試飲会で飲んでいるかも知れないと思いつつ何となく流してきたかものクルーズですが、さすがに「×××みたい」と言われると気になる・・・・上の注意書き、よく読まずに結構ひえひえで試飲のスタートです。・・・・・ひえひえでも結構美味しいぞ~。ちょっと最初はビオ香入りますが、一口飲んで果実味が綺麗です。ま、チャーミングなオイシサ、あるいはキャンディーチックな味わいというのかな?なるほど液温が上がるとこのあたりが増幅されて30hl/ha的なトロトロになってくるんでしょうね。・・・ならばと、レンジでチン!・・・と言うわけにはとりあえず行きませんので、グラスをもう一つ持ってきて移し替え、移し替え、移し替え、と弄くると・・・・ガメイの甘さが綺麗に出て来ます。しかもミネラルもしっかりと残っている。このあたりが安いマコンとの決定的な違いだな・・・。 ●気がつくと久しぶりのマコン・ルージュかな?マコンの赤というと何となく大きな意味でのブルゴーニュで、この価格ですとその端っこで「一応ブルゴーニュ」と言ったジャリタレみたいなモンが多いのですが、さすがにクルーズしっかりとした味わいの物を出してきます。ポジション的にはデイリーな美味しさを追求した同価格帯の日本ワインと張り合うのかな?飲んでいて楽しくなるワインですので蘊蓄はこのくらいにして・・・さて、今日は焼鳥屋!へGo!(2008.02.07 いのまた)

ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 限定SALE,お得 —— 1,400円

マコンからボージョレへ

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 正規品,新作登場

●一応、インポータさんの資料では下のブルイィと同じ村の畑なのですが・・・何故かヴァン・ド・ターブルで出てています。・・・そんな事はおいといて・・・かなりお気に入りのガメイ100%。 ●インポーターさんの資料では「プレスしたジュースをそのまま5年樽に入れてアルコール発酵~マロラクティック発酵」となっていますがこれじゃ色でないので『MCやってプレスしたジュース』をと言うのが正確な表現かな?色合いの濃さや香りの濃厚さはMCやったグルナッシュ的南のワインのジューシーさを想像させつつ、きりっとした酸の乗りとじんわりとしたミネラル感はもっと北のコート・ドール系のガメイを感じさせる味わい。この辺りが「ボージョレらしくない美味しさ」と言う事でVdTなんでしょうか?と勝手に思い込んでいます。 ●ワインの名前は、007の映画に由来しており、映画のサブタイトルとなる 『Tomorrow never dies(邦題も同じ)』の仏訳となる『Demain ne meurt Jamais』にちなんで名づけられたって事なんですが『ガメイは決して滅びない』というような意味ですかね?。最初サンプル調達したときにこのワインは外したんですね。そんなに沢山試飲できないから。でも,インポーターさんが「お試しください」と言って送ってきたのです。・・・これがまた良かった・・・。2009年頃某インポーター(ラパン系でもこのニコラテスタール系でもないところ)のD君が自社の輸入物を差し置いて「今年一番の掘り出し物」と大騒ぎしていたんですが、その理由がようやくわかりました・・・・。

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 正規品,新作登場 —— 1,500円

マコンからボージョレへ

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 超激得,新品

●一応、インポータさんの資料では下のブルイィと同じ村の畑なのですが・・・何故かヴァン・ド・ターブルで出てています。・・・そんな事はおいといて・・・かなりお気に入りのガメイ100%。 ●インポーターさんの資料では「プレスしたジュースをそのまま5年樽に入れてアルコール発酵~マロラクティック発酵」となっていますがこれじゃ色でないので『MCやってプレスしたジュース』をと言うのが正確な表現かな?色合いの濃さや香りの濃厚さはMCやったグルナッシュ的南のワインのジューシーさを想像させつつ、きりっとした酸の乗りとじんわりとしたミネラル感はもっと北のコート・ドール系のガメイを感じさせる味わい。この辺りが「ボージョレらしくない美味しさ」と言う事でVdTなんでしょうか?と勝手に思い込んでいます。 ●ワインの名前は、007の映画に由来しており、映画のサブタイトルとなる 『Tomorrow never dies(邦題も同じ)』の仏訳となる『Demain ne meurt Jamais』にちなんで名づけられたって事なんですが『ガメイは決して滅びない』というような意味ですかね?。最初サンプル調達したときにこのワインは外したんですね。そんなに沢山試飲できないから。でも,インポーターさんが「お試しください」と言って送ってきたのです。・・・これがまた良かった・・・。2009年頃某インポーター(ラパン系でもこのニコラテスタール系でもないところ)のD君が自社の輸入物を差し置いて「今年一番の掘り出し物」と大騒ぎしていたんですが、その理由がようやくわかりました・・・・。

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 超激得,新品 —— 1,500円

マコンからボージョレへ

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 限定セール,お買い得

●一応、インポータさんの資料では下のブルイィと同じ村の畑なのですが・・・何故かヴァン・ド・ターブルで出てています。・・・そんな事はおいといて・・・かなりお気に入りのガメイ100%。 ●インポーターさんの資料では「プレスしたジュースをそのまま5年樽に入れてアルコール発酵~マロラクティック発酵」となっていますがこれじゃ色でないので『MCやってプレスしたジュース』をと言うのが正確な表現かな?色合いの濃さや香りの濃厚さはMCやったグルナッシュ的南のワインのジューシーさを想像させつつ、きりっとした酸の乗りとじんわりとしたミネラル感はもっと北のコート・ドール系のガメイを感じさせる味わい。この辺りが「ボージョレらしくない美味しさ」と言う事でVdTなんでしょうか?と勝手に思い込んでいます。 ●ワインの名前は、007の映画に由来しており、映画のサブタイトルとなる 『Tomorrow never dies(邦題も同じ)』の仏訳となる『Demain ne meurt Jamais』にちなんで名づけられたって事なんですが『ガメイは決して滅びない』というような意味ですかね?。最初サンプル調達したときにこのワインは外したんですね。そんなに沢山試飲できないから。でも,インポーターさんが「お試しください」と言って送ってきたのです。・・・これがまた良かった・・・。2009年頃某インポーター(ラパン系でもこのニコラテスタール系でもないところ)のD君が自社の輸入物を差し置いて「今年一番の掘り出し物」と大騒ぎしていたんですが、その理由がようやくわかりました・・・・。

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 限定セール,お買い得 —— 1,500円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 100%新品,新作

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 100%新品,新作 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 人気セール,大得価

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 人気セール,大得価 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 人気,新作登場

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 人気,新作登場 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 安い

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 安い —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 安い,定番

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 安い,定番 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 最安値,お買い得

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 最安値,お買い得 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 激安大特価,最新作

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 激安大特価,最新作 —— 4,600円

マコンからボージョレへ

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 限定SALE,得価

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 限定SALE,得価 —— 4,600円