ジュラ/サヴォア

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 格安,豊富な

●インポータさんの資料から・・ ワイン名はジャケール種の古い同義語。ワインのプロフィール(ミネラル感としっかりとした酸味)がこの品種に類似しているから名付けました。真っ直ぐな感じを与えるミネラル感と酸味が、ビン内熟成を確約してくれます。 ●幾分濁りのあるペールイエロー。黄色い柑橘系の際立った香りに続き、優しいペパン(pepin)系、しっかりとしたノワイヨ(noyau)系が程よくミックスされている。味わいも同様。柑橘系のドロップに始まり、明るい色合いのフルーツポンチ。酸は何処までも明快で芯に残る輝きを持ったミネラル感と共に伸びやかな余韻を生み出している。まだ幾分落ち着きはないものの、冬を越えようとする芽吹きのような意思と纏まりが感じられ、この先3~5年が楽しみな一本。(2013.04.13 いのまた)

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 格安,豊富な —— 2,200円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 限定SALE,人気SALE

●インポータさんの資料から・・ ワイン名はジャケール種の古い同義語。ワインのプロフィール(ミネラル感としっかりとした酸味)がこの品種に類似しているから名付けました。真っ直ぐな感じを与えるミネラル感と酸味が、ビン内熟成を確約してくれます。 ●幾分濁りのあるペールイエロー。黄色い柑橘系の際立った香りに続き、優しいペパン(pepin)系、しっかりとしたノワイヨ(noyau)系が程よくミックスされている。味わいも同様。柑橘系のドロップに始まり、明るい色合いのフルーツポンチ。酸は何処までも明快で芯に残る輝きを持ったミネラル感と共に伸びやかな余韻を生み出している。まだ幾分落ち着きはないものの、冬を越えようとする芽吹きのような意思と纏まりが感じられ、この先3~5年が楽しみな一本。(2013.04.13 いのまた)

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 限定SALE,人気SALE —— 2,200円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 限定SALE,定番

●インポータさんの資料から・・ ワイン名はジャケール種の古い同義語。ワインのプロフィール(ミネラル感としっかりとした酸味)がこの品種に類似しているから名付けました。真っ直ぐな感じを与えるミネラル感と酸味が、ビン内熟成を確約してくれます。 ●幾分濁りのあるペールイエロー。黄色い柑橘系の際立った香りに続き、優しいペパン(pepin)系、しっかりとしたノワイヨ(noyau)系が程よくミックスされている。味わいも同様。柑橘系のドロップに始まり、明るい色合いのフルーツポンチ。酸は何処までも明快で芯に残る輝きを持ったミネラル感と共に伸びやかな余韻を生み出している。まだ幾分落ち着きはないものの、冬を越えようとする芽吹きのような意思と纏まりが感じられ、この先3~5年が楽しみな一本。(2013.04.13 いのまた)

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 限定SALE,定番 —— 2,200円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 高品質,SALE

●インポータさんの資料から・・ ワイン名はジャケール種の古い同義語。ワインのプロフィール(ミネラル感としっかりとした酸味)がこの品種に類似しているから名付けました。真っ直ぐな感じを与えるミネラル感と酸味が、ビン内熟成を確約してくれます。 ●幾分濁りのあるペールイエロー。黄色い柑橘系の際立った香りに続き、優しいペパン(pepin)系、しっかりとしたノワイヨ(noyau)系が程よくミックスされている。味わいも同様。柑橘系のドロップに始まり、明るい色合いのフルーツポンチ。酸は何処までも明快で芯に残る輝きを持ったミネラル感と共に伸びやかな余韻を生み出している。まだ幾分落ち着きはないものの、冬を越えようとする芽吹きのような意思と纏まりが感じられ、この先3~5年が楽しみな一本。(2013.04.13 いのまた)

ドメーヌデュペロン フランソワグリナン シャルドネ クフシアン Coufe Chen VDTフランセーズ ブラン ビュジェ 2011 高品質,SALE —— 2,200円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌドラコンブオーレイル グレゴワールペロン VDTフランセーズ レヴェルドゥルー 2011 驚きの破格値,人気

l'Eveil du Loup・・狼の目覚め?目覚めた狼?・・いずれにしろ狼もビックリなワインです。プルサール80%、ガメイ20%で、一応AOCはBugeyとなりますが、AOC取るのがめんどくさいのでVdTで出ています・・・。

ドメーヌドラコンブオーレイル グレゴワールペロン VDTフランセーズ レヴェルドゥルー 2011 驚きの破格値,人気 —— 2,300円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE,得価

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE,得価 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 お買い得,最新作

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 お買い得,最新作 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 低価,定番人気

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 低価,定番人気 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 全国無料,豊富な

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 全国無料,豊富な —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 得価,新作登場

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 得価,新作登場 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 格安,最新作

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 格安,最新作 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 格安,限定SALE

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 格安,限定SALE —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 爆買い,送料無料

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた)

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 爆買い,送料無料 —— 2,600円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 2019,送料無料

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 2019,送料無料 —— 3,200円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 人気,正規品

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 人気,正規品 —— 3,200円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 低価,新作登場

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 低価,新作登場 —— 3,200円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 得価,セール

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 得価,セール —— 3,200円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 新品,格安

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 新品,格安 —— 3,200円

ジュラ/サヴォア

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 最新作,爆買い

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 最新作,爆買い —— 3,200円